umikaki diary

ガジェットから日常まで

自分にとって最適なスマートフォンとは?

働きだしてから、自分で自分の金を稼ぐことができるようになったこともあり、頻繁にスマホを買うようになってしまった今日このごろです。

自分にとって最適なスマートフォンとは一体何なのでしょうか。

働きだしてから買ったスマートフォン

自分が働きだしてから一番最初に買ったスマートフォンはLGV32でした。

もともとLGV31を買ってSIMロックを解除してドコモMVNO回線で…という今考えると無謀ともいえることをやろうとしていたのですが、家族がauに鞍替えするということもあり、予約して買った端末です。バッテリー交換可能という、今だと殆ど無い希少価値のある端末でしたが、充電時や使用時の発熱がひどくなったのと、当時のLG機特有のブートループが発生するという懸念から、1年7ヶ月の月日を経て私の手元から旅立ちました。

その次に買った端末がHTC Desire EYEです。

無性にHTC端末が欲しくなったせいで、こちらも予約して購入しました。ドコモ回線が使えるSIMフリーHTC端末という、au端末しかなかったHTCがSIMフリーで出してきたということもあり、その点はかなり魅力的でした。LGV32の後継として購入しましたが、なんだかんだでサブ機としても使い、2年以上は使ったのではないでしょうか。

その次に買ったのはXperia XZ、SO-01Jです。

こちらはドコモ回線を新規で契約して購入しました。HTC Desire EYEをメイン機で使っていましたが、そろそろメインで使うのは限界…ということもあり購入に踏み切ったわけですが、Xperiaは自分にあまりなじまず、7ヶ月ほどで売りに出しました(他にも、会社の電話とプライベートな電話を分けたかったということもあります)。

ここまでは比較的ロングスパン(普通の人にしてみればかなり短いですが…)で買い替えていましたが、ここから迷走し始めます。

SO-01Jを使っていましたが、またここでLG機がほしくなり、LGV34を中古で購入。

SO-01Jを購入してからドコモ回線がメインになりましたが、あえてLGV34をSIMロック解除してドコモ回線で使うことにしました。当初夢見ていたLGV31のことを実現しようと思ったわけですが…想像以上に電波を拾わず、これは常用できないということでわずか2ヶ月足らずで売りに出しました。

その次はSC-02Jです。

母親がSCV35を購入し、やはり隣の芝生は青く見えるというものなのでしょうか。私も欲しくなり購入してしまいました。こちらはつい2ヶ月ほど前までメイン機として使用していましたが、ドコモの絵文字に不満を感じるようになり、売りに出すことに…。試用期間は8ヶ月ほどでした。

そして直近で購入したのがHTC U11 601HTです。

HTC Desire EYE以来のHTC端末でした。中古で購入し、SIMフリー版のROMを焼いたりして使用しておりました。

他にもサブ機用として、「Huawei P10 lite」「Huawei P10 Plus」「iPhone 5S」「SH-M05」、開発用(?)として「Nexus 5X」「Moto Z」…と様々な端末を購入しました(現在使っているサブ機は「SH-M05」です)。

結局どんな端末が自分にとって最適なの?

正直わかりません(笑) ただ、1つ言えることは自分が「これがいい!」といえる端末は存在しないことです。いろんな端末を使ってきましたが、正直言うと自分に最適な端末というのは存在しないのではないかというのが結論です。こういう端末がほしい、というのは挙げればキリがないですが、それを全部満たした端末はこの世には存在せず、どこかで妥協が必要、自分がほしいと思う端末に一番近い端末を探すのがベストなのではないかと思います。その妥協点が、いかにして妥協できるかが、1つの端末を長く使えることなのではないかと思っています。

次の端末は…?

上の文章を見てもらうと……もうお分かりですね。次なる端末を近日中に購入しようと目論んでいます。どんな端末を買うかは、Mastodonでトゥートしているので、分かる人にはわかるという感じですかね。

ブログも開設したので、購入したらこのブログでレビューしたいと思いますので、お楽しみに!